本当の美しさを求める女性のために
その他ご相談

家族信託とは

家族信託では委託者、受託者、受益者の3者が当事者となります。
財産の所有者である委託者が遺言や信託契約によって受益者に財産の管理処分の権限を与え、最終的に受益者が財産からの収益を受け取れるようにする形が一般的です。
また、委託者自身が受益者となることも問題ありません(実際にはこの形が多いです)
img_kazokushintaku01

家族信託を使うメリット

親は財産を持っているけれど認知症の症状が出始めて財産を他人に取られてしまわないか不安…というような場合に、子供を受託者として財産の管理運用を任せ、親はその財産運用から得られる収益から年金のような形で毎月生活費を受け取るというような形も可能です。
受益者については第1順位者、第2順位者…というように亡くなる人が出た場合に継承する人を誰にするのかを決めておくことができますから、財産を持たせたい家族に優先的に収益を与えるというようなことも可能になります。
同様のことを遺言で行おうとすると財産を得らえなかった家族が遺留分減殺請求のような形で財産を分け与えるように訴訟を提起するというようなケースが考えられますが、家族信託では信託の対象とした財産は委託者固有の財産とは分離されるためこのようなトラブルを避けられる可能性が高くなります。

生前贈与について

生前贈与(せいぜんぞうよ)とは、その名のとおり『生きている間に財産を誰かに贈る』法律行為です。贈与は基本的にいつでも・誰でもできます。

メリット

贈与税の節税が見込める場合がある

暦年贈与と相続時清算課税制度

贈与税の課税システムは『暦年贈与』『相続時精算課税制度』に分けられますが、暦年贈与を選択すれば1年あたり110万円まで贈与税は発生しません。相続時精算課税制度を選択すると、対象の相手からの贈与は累計2,500万円まで贈与税が課税されなくなります(これを超えると一律20%の贈与税がかかります)。

住宅取得等資金や教育資金一括贈与特例などが使える

2015(平成27)年以降は、直系尊属(祖父母や父母)から20歳以上の直系卑属(子や孫)への贈与について『特例税率』という通常の贈与税よりも低い税率が設定されていますし、住宅取得等資金の特例や教育資金一括贈与特例など多くの特例措置がありますから、これをうまく活用すれば節税することが可能です。

贈与する相手は自由に選べる

加えて、生前贈与をはじめとする贈与行為は、贈与者が相手を自由に選択できるので、特定の財産を確実に指名した相手へ承継したい場合には非常にメリットが大きいといえます。 相続でも、遺言書を作成することによって、ある程度はこの希望を反映させることができますが、せっかく作った遺言書に不備があれば内容が実現できないおそれがありますし、場合によっては相続争いに発展してしまう可能性もあります。 したがって、節税効果を期待できる場合があること、及び特定財産の確実な承継ができる点が、生前贈与の大きなメリットといえます。

デメリット

税金の発生

税金が高くなる場合がある

生前贈与のデメリットは、高い贈与税を支払う可能性があること贈与税以外にも税金がかかるケースが多いという点にあります。
特に土地・建物といった不動産の場合には、贈与の際に名義変更(登記)を行うのが一般的ですが、不動産の登記手数料と登録免許税・不動産取得税などの費用が発生します。

不動産の贈与だと余計に発生する

相続による名義変更なら登録免許税0.4%・不動産取得税なしに対し登録免許税や不動産取得税に限れば、通常の贈与だとそれぞれ評価額の2%~3%ほどが課されてしまうので、不動産の生前贈与には余分な費用がかかると言えます。

エンディングノートについて

エンディングノートとは
エンディングノートとは自身の終末期や死後など、自分の身に何かがあった時に備えて、家族が様々な判断や手続きを進める際に必要となる情報を残すためのノートです。

エンディングノートを書くメリット

終活を先導してくれる

エンディングノートには、自分で意思を伝えられない状況になった時や、この世を去った後など、家族がスムーズに手続きを済ませるために必要最低限の情報が伝わるように設計されています。
「終活をはじめようと思うものの、何から手を付けたらよいのか」という際に、エンディングノートから始めることで、これから決めるべきこと・行動すべきことが見えてくるでしょう。

家族の負担を減らせる

体の自由が効かなくなったり、自分で意思を伝えることが難しくなったりした場合、エンディングノートに介護に関する希望や費用の捻出方法が示されていれば家族は意向に沿って迅速に動けます。
また、終末期医療では本人の意思確認ができない場合、家族が代理人として重い決断を迫られます。
エンディングノートに希望する延命措置の有無、治療方針など記載されていれば、家族の精神的な負担を和らげることもできるでしょう。

現在の生活を見直すきっかけにもなる

資産や収入、負債、加入保険などはっきりとさせていくため、現在の生活状況を顧みる良いきっかけになります。
通帳はどこにあるのか、有価証券・骨董品・宝石などの財産を記載しておくことで遺族はあれこれと探す必要がなく、手続きや財産分与の面でずいぶんと助かるはずです。
また、ご自身の覚書きとして忘れてしまった時のために、活用されている方もいらっしゃいます。

家族に想い・メッセージを伝えられる

エンディングノートは遺言書と違い、よりカジュアルな形式での記録です。
家族に感謝の気持ちを書きとどめておくなど、遺された人の心の癒しとなるでしょう。
また、家族間のトラブルを避ける目的にも有効です。
例えば長女のみに火葬を希望することを口頭で伝えていた場合、他の家族は納得できないかもしれません(本当にそう言ったのか?勘違いではないか?など)。
エンディングノートに希望の葬儀形式を書いていれば「故人の希望なのだな」と、誰もが納得できるでしょう。
エンディングノートは、「よりよく、自分らしい死を迎えるための準備ノート」です。過去・現在をエンディングノートに書き込みながら振り返ることで、これからの生き方がより明確に見えてくるはずです。自分らしい充実した生き方を叶えるためにも、エンディングノートを活用してみてはいかがでしょうか