本当の美しさを求める女性のために
相続手続きについて
01

相続とは

相続とはある人が死亡したときに、
死亡された人の財産を配偶者や子などの親族が財産を引き継ぐことを言います。

「相続」と聞いても少し前までは自分には関係ないと思っていた方が多いと思います。
平成27年1月からの施行された改正相続税法において『相続税に変更があり、多くの方に影響する』と話題になり、『縁遠いものから身近なもの』へなったのではないでしょうか。ざっくりしたお話になりますが、今までは約1億円以上の財産をお持ちの方に関係していたお話が約5000万円以上の財産をお持ちの方に関係するようになったと考えてください。弊社では『相続の問題を事前に解決する』(相続で争わない、税金対策をする)をモットーに取り組んでおります。

被相続人

  • 渡す方
  • 死亡された方
  • 相続

  • 財産の引継ぎ
  • 相続人

  • 受け取る方
  • 配偶者や子など
  • 相続は誰もが一度は経験しますが、相続手続きはとても複雑です。申告や納税の期限も決められおり、 相続の知識がないまま手続きをすると思わぬトラブルに発展するございます。
    相続相談サポートセンターは提供士業と連携してご相談者様の相続の悩みを解消し円満相続できるようサポートさせて頂きます。
    02

    相続手続きの流れ

    flow
    03

    相続人と相続分

    誰に分ける?

    相続人と相続分相続人とは、相続する権利がある方のことを指します。
    相続分とは、相続人が遺産を相続できる法律上の割合のことを言います。
    法律では相続人とその相続分について、次のように決めています。
    妻または夫(配偶者)は、常に法定相続人となります。
    第1順位
    死亡した方の配偶者・子供
    第2順位
    死亡した方の直系尊属(父母や祖父母など)
    第3順位
    死亡した方の兄弟姉妹
    第1順位:死亡した方の配偶者・子供
    子供がすでに死亡している場合は、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。
    ⇒現在は少ないですが、以前昔ながらのお家では相続対策として『養子縁組を組む』ことが多くありました。
    第2順位:死亡した方の直系尊属(父母や祖父母など)
    第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。
    死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。
    第3順位:死亡した方の兄弟姉妹
    第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。
    死亡した人の兄弟姉妹その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人となります。
    ★注意点★
    お子様の居ないご夫婦で、ご両親が健在であるもしくはご兄弟姉妹がいらっしゃる場合は生活を維持するためにすべての財産が配偶者へいくように遺言書の作成をお勧めします。
    04

    相続財産調査

    遺産とは何か?遺産とは亡くなった方が残した「権利と義務」のことをいいます。
    つまり、 遺産には、プラスの財産だけでなくマイナスの財産も含まれます。

    ■プラスの財産

    不動産(土地・建物)

    宅地・居宅・農地・店舗・貸地など

    不動産上の権利

    借地権・地上権・定期借地権など

    金融資産

    現金・預貯金・有価証券・小切手・株式・国債・社債・債権・貸付金・ 売掛金・手形債権など

    動産

    車・家財・骨董品・宝石・貴金属など

    その他

    ゴルフ会員権・著作権・特許権など

    ■マイナスの財産

    借金

    借入金・買掛金・手形債務 振出小切手など

    公租公課

    未払の所得税・住民税・固定資産税保証債務

    その他

    未払費用・未払利息・未払の医療費 預かり敷金など

    ■相続財産に該当しないもの

  • 財産分与請求権
  • 扶養請求権
  • 生活保護受給権
  • 被相続人が被保険者で、受取人指定のある生命保険金
  • 身元保証債務
  • 墓地、霊廟、仏壇、仏具、神具など祭祀に関するものなど
  • ■遺産の評価をどうするか?

    民法上の遺産を引き継ぐ手続では、評価方法は定められていません。ですから、 一般的には、時価で換算することになります。
    ただ、遺産の評価では、評価方法により、相続税の税額が変わってきたり、 民法と税法上では、遺産の対象とその評価の扱いが異なるなど専門的な判断が必要です。
    税理士や司法書士などの専門家のアドバイスを必ず受けて下さい。
    05

    遺産相続の方法

    アセット 13@2x

    遺言

    被相続人の死後に遺言書が発見されれば、遺言書の内容が優先します。すなわち、相続人や相続分に関係なく、遺言書に書かれた内容に従って相続が行われるのです。但し、遺言書の形式は法律で厳格に規定されていますので、形式が整っていないと無効になる場合もありますので注意が必要です。 また、遺言書があり、かつ遺言執行者がいない場合、相続人全員の同意をもって自由に分配することが可能です。
    アセット 12@2x

    法定相続

    法律は血縁関係に応じて相続分を定めています。法定相続の場合は、このまま法律の定めた割合で各財産は共有されます。尚、これを変更する場合は遺産分割が必要となります。
    アセット 11@2x

    遺産分割協議

    遺言がない場合や法定相続によらない場合は、相続人全員で話し合って遺産分割方法を決めます。しかし、多数決というわけにはいかず、相続人の一人でも欠けた遺産分割は成立しません。話し合いがまとまれば、「遺産分割協議書」を作成します。この遺産分割協議書の内容に従って様々な名義変更手続を行うことになりますので、遺言書と同様作成には注意が必要です。
    アセット 10@2x

    相続放棄

    マイナスの財産が多い時など、何らかの原因で相続人になりたくない場合に行 います。 ・相続放棄:相続権そのものを放棄します。借金を負わなくて済むものの、プラスの財産を取得することもできません。各相続人が単独で放棄 できます。・限定承認:相続財産のプラスの範囲でマイナス財産も引き継ぐ制度です。相続人全員で行わなければなりません。※いずれの方法も、自分のために相続があったことを知って3か月以内に行わな ければなりません。万一、相続開始後3ヶ月を過ぎていれば、相続放棄の申立 の際、説明をする必要があります。専門知識を要する手続ですので、ぜひ一度ご相談ください。また、故意に財産を処分・隠匿している場合は、3ヵ月以内であっても受け られない場合があります。
    06

    相続手続きで困った時は

    東京の相続相談サポートセンターにて 相続に必要な専門知識はもちろんのこと、ご相談者様それぞれの気持ちにしっかり寄り添うことを使命とし、相続のパートナーとして責任をもってサポートさせて頂きます。
    お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。