本当の美しさを求める女性のために
初めての方

ご挨拶

相続は一生のうちに何度も経験する事ではありません。
THOUGHT
相続は一生のうちに何度も経験する事ではありません。
それ故に「誰に相談したら良いのか」「何から始めたら良いのか」が分からない方が多いのではないでしょうか。
また専門家に相談しても、「難しくて理解が追い付かない」「意思が通じにくい」などといったご不安を抱えている方も多いようです。
私自身も相続を経験するの中で、同じような悩みを抱えていました。
そこで、「こんな人がいてくれたら」と感じたことを形にすべく、「相続相談サポートセンター」を立ちあげました。
感情と勘定が入り交じるとてもナイーブな問題が相続です。
EXPERIENCE
感情と勘定が入り交じるとてもナイーブな問題が相続です。
だからこそ、数字や理屈と同じくらい気持ちを大切にする必要があると考えています。
円満相続のゴールは十人十色。100人いたら100通りあります。相続に必要な専門知識はもちろんのこと、ご相談者様それぞれの気持ちにしっかり寄り添うことを使命とし、相続のパートナーとして責任をもってサポートさせて頂きます。

相続相談サポートセンター
グピカホールディング株式会社
代表取締役  齊藤由貴子

相続診断士とは

相続診断士は大切な方を笑顔にする相続の進行役です。

相続診断士とは、相続の基本的な知識を身につけ相続診断ができる資格です。
また必要に応じて、税理士・弁護士・司法書士などの専門家と一緒に相続とご家族の問題に向き合っていきます。
大きな贈り物となる可能性もある一方、遺族の争いに発展することも多い相続問題。
実際、家庭裁判所での相続関連の相談件数は10年前と比べて約2倍に増えているそうです。

100人いたら100通りの相続があり、相続に対するはやめの準備と適切な助言が必要です。
そこで、「相続」が「争族」にならないために、笑顔で相続を迎えるお手伝いをするのが「相続診断士」の役割です。

相続は
「遺産の多いお金持ちだけの問題」
と思っていませんか?

アセット 22@2x
「相続は遺産の多いお金持ちだけの問題」という誤った認識が、一般家庭における準備の怠りや問題の複雑化を招いています。
紛争件数の70%前後が、相続税と関係のない5000万以下の遺産分割によるものです。
つまり遺産が多いから揉めるのではなく、どのような家庭にも相続は身近な問題なのです。
アセット 21@2x
笑顔で相続をするため、私達が相続の進行役としてサポートします。
日常の生活で士業との接点が少ないことから「うまく説明できない」「言いたいことが言えなかった」などとストレスを感じたというお声もあります。相続診断士は、税理士・弁護士・司法書士などの専門家とのやり取りもサポートし、相続が最後までスムーズに進むよう対応いたします。

相続診断士の動き

相続の解説・エンディングノートや遺言の準備促進・相続診断
問題点の明瞭化(問題に応じ専門家を引合せ)・相談へのコーディネート

弁護士

  • 相続トラブルの相談を受ける
  • 遺産分割の調停等
  • 遺言書作成の助言等
  • 司法書士

  • 不動産の名義書換(相続登記)
  • 不動産の生前贈与の登記
  • 成年後見の相談を受ける
  • 遺言書作成の助言等
  • 税理士

  • 相続税に関する相談を受ける
  • 相続税の申告業務等
  • 相続財産の評価等
  • その他の税法上の相談業務
  • 行政書士

  • 遺言書作成の助言
  • 不動産鑑定士

  • 不動産の評価
  • その他

  • FP
  • 宅地建物取引士
  • 相談者からの質問

    ご用件によって異なりますので、まずはご相談ください。
    ご相談いただいた際に必要なものに関しては当事務所からお伝えさせていただきます。

    相続税の申告期限は、法律上は「相続の開始を知った日から10ヶ月以内」とされています。実務上は、死亡日から10ヶ月以内です。

    相続税の時効は5年です。正確には時効ではなく、「除斥期間」と言います。法定申告期限の日から5年間、税務署から何も連絡がなければ相続税の納税義務が消滅します。